「iPod touch」と「iPod nano」に新機能を追加し、価格を値下げ。

ホワイトのiPod touchが噂通り登場する事になりました。

iOS5とiCloudを搭載したiPod touchが登場します。色はホワイトとブラックの2色。価格は、8GB:16,800円、32GB:24,800円:64GB:33,800円となっています。iPod touchは10月12日(水)発売予定です。

新しいユーザインターフェイスと16種類の新しいクロックフェイスを搭載した新しいiPod nanoは本日より8GB:10,800円、16GB:12,800円で販売されます。

続きを読む

Appleに800万ドルの支払い命令

Appleが著作権侵害のために800万ドルの支払いを受けていることが分かったそうだ。iPod関連のダウンロード可能なプレイリストが特許を侵害していると判断されたようだ。

原告はPersonal Audioであり、アメリカの特許番号6,199,0767,509,178、”Audio Program Player Including a Dynamic Program Selection Controller”、そして”Audio Program Distribution and Playback System”をAppleが侵害していると申し立てているようだ。原告側は金銭的損害を被ったとし、Apple側に8400万ドルの損害賠償を求めているようだ。Apple側の言い分では、その特許は無効であり、さらにそのような特許を侵害している事実もないという主張のようだ。今後の動向としてはAppleがどれだけこの賠償額を減額できるかということだろうか。原告側と話し合い、8400万ドルといわれる巨額の賠償金を少しでも減額したいところだろう。最近では、カナダの通信企業であるNorte社に20億ドルともいわれる巨額を支払ったばかりで、現在世界一訴訟を起こされている企業だそうだ。不名誉なことだが、それだけ競争が激しいということなのだろう。

【image】uanpol‘s photostream via Apple Insider

続きを読む

iPhone?iPad?それとも・・・。

iOSのベータ版がリリースされ、次に何がリリースされるのかを分析する人々が多いようだ。もっぱら、関心は次世代のiPhoneやiPadだと思う。しかし、何か忘れてはないだろうか?

私たちはiPod Touchの存在を忘れているのではないか。当初の分析ではiPod4.1というファームウェアのみが見つかっただけであったとされたが、のちにiPod4.2が発見されたことで、次世代のiPod Touchのヒントにたどり着いたと言えるだろう。しかし、このことから予想するに次世代のiPod Touchは大幅なデザイン変更がされることはなく、多少の改良がなされる程度だという・・・。

これは残念な情報だが、Appleが少々の改良を施した程度で次世代のiPod Touchをリリースするとは考えにくい。iPod Touchファンの為にもAppleにはいい意味で予想に反してほしい。

【image】Titanas‘s photostream via Apple Insider

続きを読む

なぜiOSのアップデートがワイアレスで可能になったか

iOS5がリリースされることによって、iOSのアップデートがワイヤレスで可能になる。これは大変便利なことだが、こうなった背景には何があるのだろうか。

AppleのPCを除いたデバイスには必ずPCに接続しiOSのアップデートを確認する作業が必要であった。いちいちPCにつないでiOSをアップデートする作業は正直言って面倒だ。はたしてどのくらいの人々がPCでiOSのマイナーバージョンごとに更新作業をしているのだろうか?

ウェブサイトEdible Appleによるとなんと約半分の人々が最初にPCでデバイスをアクティベイトしてからiOSの更新を行っていないという。これは驚くべき数字だ。

本来はiOSのアップデートごとにバグや脆弱性が修正されるため、アップデートをこまめに心掛けなければならない。ハッカーのセキュリティホールへの対策としても常にiOSは最新のバージョンにすべきだ。

セキュリティホールへの対策や細かなバグに素早く対応出来る事はユーザーにとって大きなメリットだが、これは別の表現をすればAppleはユーザーのiOSデバイスへの通信手段を得たとも解釈できる。そして、つまりそれはJailBreak Culture(脱獄)の終焉も同時に意味する。AppleはいつでもiOSデバイスにアクセス出来るのだからiOSデバイスを脱獄するという行為は大きな労力とリスクを伴う物になるはずだ。

iPhone黎明期から一時代を築いた「もう一つのiPhone文化」が再び檻の中に閉じ込められる日が来るのは、そう遠くないのかもしれない。

【image】paz.ca photostream via Edible Apple

続きを読む

iOSデバイス2億台突破! 

Appleの主催するイベントWWDCで、iOSデバイスの販売が2億台を突破したことが発表された。

このことは同時に世界一売れたモバイルオペレーションシステムになったそうだ。2億台のうちにiPadとiPad2だけで2500万台を売り上げるなど、近年リリースしたデバイスの販売が実に好調のようだ。

ライバルのアンドロイドデバイスを上回り好調のAppleだが、今後グーグル側でも何か手を打ってくることだろう。Appleの進化はまだまだ止まらない。

【image】yto‘s photostream via Tech Chrunch

続きを読む

モバイルビデオの80%がiOSデバイスで視聴されている!?

アメリカの三大紙の1つであるNew York Timesによると大多数の人がiOSデバイス(iPhone、iPad、iPod touch)を利用してビデオの視聴をしているようだ。

これは驚くべきことだが、実に80%のモバイルビデオがAppleのiOSデバイスで視聴されているという。80%の内分けはiPhoneとiPod touchがそれぞれ30%、iPadのみで20%となっているそうだ。ライバルのグーグルが提供しているOSであるAndroidは19%にとどまった。初期iPhoneの時にも話題になったがiPhoneはAdobe Flashをサポートしていないことで、ビデオの視聴に暗雲が立ち込めているとさえ言われていたが、この結果を受けてAdobe Flashなしでもビデオの視聴に何の妨げもないことが分かったのではないだろうか。

【image】BeauGiles‘s photostream via TUAW

続きを読む

【Apple】プライバシー画面の特許!?

Electronistaが発見したAppleの特許でプライバシーディスプレイに関するものがあったそうだ。どのような内容なのか非常に気になる。

特許の題名は「Systems and Methods for Electronically Controlling the Viewing Angle of a Display」というもので、簡単に訳すとディスプレイのアングルをコントロールする方法とでも言ったところだろうか。LCDディスプレイにはscattering modulesが埋め込まれていて、ユーザーは角度によって視界を制御できるようだ。携帯電話のディスプレイに張り付けるプライバシーシールを想像していただければわかりやすいと思う。ただしすべてのデバイスというわけではなく、iPod Classic限定のものであるようだ。しかし、技術的にはiPhoneやiPadなどにも応用可能ではないかと思う。プライバシーの気になる方には朗報になること間違いない。

【image】Matthew Townsend‘s photostream via TUAW

続きを読む

第7世代iPod Nanoは後部カメラ搭載!

ウェブサイトTUAWが入手した情報によると、第7世代のiPod Nanoには後部カメラが搭載される可能性が高いという。

TUAWが入手した写真では試作品と思われるiPod Nanoが移っており、後部にはカメラが確認できるそうだ。噂によると1.3メガピクセルのカメラが搭載されるそうで、これが事実であればiPod Nanoにとっては大きなモデルチェンジとなる。

また、カメラが搭載されることで、今までのiPod Nanoについていたクリップが廃止される可能性も指摘している。そして今度は”Smart Clip”なるマグネットクリップを販売するといううわさも流れているようだ。まだまだ噂が絶えない第7世代iPod Nano。きっと私たちが驚くようなモデルチェンジになるに違いない。

【image】FHKE‘s photostream via TUAW

続きを読む

iOSをアップデート

AppleはiOSをアップデートした。今回のアップデートは先日物議をかもしたクラウドソースの位置情報データベースに関する修正を施したもので、Appleが公式リリースで表明した通りのアップデート内容になっている。

  • キャッシュのサイズの縮小
  • iTunesにキャッシュをバックアップしないように修正
  • 位置情報サービス機能を切った際にキャッシュをすべて削除するように修正

iPhone 3GS・iPhone 4(GSM版)・iPad・iPad 2・iPod touchの第3・4世代向けにはヴァージョン4.3.3がリリースされ、日本ではあまり関係ないと思うが、iPhone 4(CDMA版)向けにヴァージョン4.2.8がリリースされた。どちらもiTunes経由でダウンロードできる。

参考URL:Applemacstories

続きを読む

BMWがiPhone,iPodとコラボ!

自分の所有しているiPhoneが再生できる車は多いかもしれないがせいぜい曲を再生するくらいのものだろう。しかし、BMWはiPhone、さらにiPodまでもコネクトでき、さまざまな機能を車内ディスプレイで使用することができるそうだ。

車内ディスプレイをみながら快適に曲の再生はもちろんのこと、ラジオの再生、さらにアプリの使用まで可能のようだ。それに加えツイッターやフェイスブックの簡易使用もできる。これらの機能に夢中になって、事故を起こさないように要注意だ。

BMWに搭載されているiDriveというドライバーを使うことによって車内のボタン操作でコネクトしたiPhoneやiPodを快適に使用できる。解説動画を見たが、簡単な操作で音楽やラジオを視聴できる様を見て、便利なものだと感心してしまった。iPhone、iPod所有者が増えることによって、それに付随する新たなサービスや製品が生まれるApple製品使用者にはとても利便性が高く嬉しい話ではないか。

【image】jeffwilcox‘s photostream via Cult of Mac

続きを読む