ジョブズ氏がiPod Classicの生産停止を否定!!

以前から生産停止の噂があったiPod Classicだが、CEOのジョブズ氏自らが生産停止の噂を否定したようだ。

iPod Classicが最後にアップグレードされたのが2007年。その時のアップグレードも取るに足らないものであった。それに大容量が売りのiPod Classicであったが、次世代のiPod Touchにおいて128GBのフラッシュメモリーを搭載するとみられており、すでにその勤めを果たした感がある。しかし、AppleのCEOであるスティーブ・ジョブズ氏は生産停止の噂を否定した。

ジョブズ氏は生産中止をするつもりはないと噂を一蹴した。iPod Classicのコンセプトは「所有しているすべての音楽をポケットに」だそうだ、音楽の容量が大きくなればそれにつられて、全体の保存容量も大きくなる。iPod Classicの需要もまだ多いということなのか。ひとまず、iPod Classicをひいきにしている方は安心だと思う。あとは製品のアップグレードがいつなされるのかが気になるところだが。

参考URL Cult of Mac




もし、この記事が良ければ「RSSの購読」「Twitterのフォロー」も是非宜しくお願い致します。
 RSSリーダーで購読する